マイホーム計画
マイホーム計画
IHクッキングヒーター
掃除
間取りプラン
購入品

1畳を平米数にするとどのくらい?(畳の表記の仕方)

読者登録お願いします↓↓↓

f:id:imomunene08:20200720011951p:image

 

こんにちは いもむしねねです𖤣𖥧𖥣。

 

突然ですが、1畳って平米数にすると

どのくらいか知ってますか?

 

家づくり中に個人的に気になったので

調べてみた事をご紹介しようと思います

 

この記事はこんな方向け

✔️家の広さを大事にされている方

✔️畳数について詳しく知りたい方

 

 

 

 

1畳の広さとは?

 

間取り図に記載されている1畳の広さは

1,62㎡と決められており、

これは不動産の表示に関する

公正競争規約施行規則という

業界団体が決めたルールに定められています。

 

賃貸物件の間取り図についてもこの数値をベースに

表示している事が多いんだそうです。

 

 

 

一畳=1,62㎡には例外がある

あくまで業界団体の設定した

表面上のルールなだけで、

必ずしも1,62㎡とは限らないんだそうです。

 

特に、畳については

「京間」「中京間」「江戸間」「団地間」

と表記する種類は4つあり、

それぞれ大きさが異なります。

🐛

京間(きょうま)     1.82㎡

中京間(ちゅうきょうま) 1.65㎡

江戸間(えどま)     1.54㎡

団地間(だんちま)    1.44㎡

 

広さの単位として不動産などでよく使われているものに

「坪」がありますが、1坪は3.31㎡となります。

 

これは中京間の2畳分に相当するのでこれをベースとし、

🐛1畳=3.31(㎡)÷2(畳)=1.62(㎡)

として扱われているんです。

 

 

疑問点

そこで疑問だったのが、そのような場合だと

中京間で表記しないといけないのでは!?

 

ということで、お馴染みのGoogle

で法律について調べてみました。

 

調べた結果:

f:id:imomunene08:20210616103446j:image

【不動産の表示に関する公正競争規約施行規則より】

ざっくりいうと中京間でなくても

違法ではないという事が分かりました。

 

ただ、広告として出す場合は

きちんとした表記をしないと違反になります。

〈例〉このような広告として出す場合↓

f:id:imomunene08:20200501164159j:image 

1.62㎡は中京間(1.65㎡)までありませんが、

江戸間表記では違反になります

f:id:imomunene08:20210616104203j:image

【不動産の表示に関する公正競争規約施行規則より】

 

 

 

まとめ

公正競争規約施行規則という団体が1畳の広さは

1.62㎡というルールを決めてはいるが、

例外はあり必ずしも1.62㎡とは限りません。

 

1.62㎡とは不動産などでよく使われている

「坪」が、1坪は3.31㎡なので、

中京間の2畳分に相当するのでこれをベースとして、

1畳=3.31(㎡)÷2(畳)=1.62(㎡)

となっています。

 

今回気になっていたことを調べてみて

新たな発見ができました。

 

 

 

挨拶

最後までご覧頂きありがとうございます⋆⸜ᵀᴴᴬᴺᴷ ᵞᴼᵁ⸝⋆

この記事の内容が少しでも為になったよー!

って方は★押してくれると励みになりますෆ͙⃛

 


こんな記事書いて欲しいー!

というのがあればコメントに書いて下さい!

 

 

 

🌈Instagram

https://instagram.com/imomusi_nene_?igshid=1byrf2xibmdlg

 

 


🕊Twitter

いもむしねね (@imomusinene) | Twitter

 

 


フォローお待ちしてます!

 

 

 

ブログ村に参加中です♔.゚

ボタンを押してくれると嬉しいですʕ•̫͡•ʔ