マイホーム計画
マイホーム計画
IHクッキングヒーター
掃除
間取りプラン
購入品

セキスイハイム外壁|タイルだけではない!?レリーフウォール外壁について知ろう!(デザイン・機能性の違い)

読者登録お願いします↓↓↓

f:id:imomunene08:20210527000515p:image

 

| 2020年12月01日 記事更新🐛|

 

 

こんにちは いもむしねねです

 

セキスイハイムの外壁と言えば、

多くの方がタイル外壁

思い浮かべるのではないでしょうか?

 

現に店舗やカタログなどでも

タイル外壁をメインに

紹介されることが多いとおもいます。

 

今回はそのタイル外壁ではなく、

もう一つの外壁

レリーフウォール外壁〕についてのお話です。

 

まず、 セキスイハイムの外壁は主に

タイル外壁とレリーフウォール外壁の2種類あります。

その一つである、

レリーフウォール外壁について解説を

私が説明できる範囲ですが、やっていこうと思います。

  

タイル外壁についてはこちらの記事をお読みください↓

合わせて読みたい記事

 

 

この記事はこんな方向け

✔️レリーフウォール外壁を詳しく知りたい方

✔️ジオマイト外壁の採用を考えられている方

 

 

 

 

 

レリーフウォール外壁とは?

冒頭でもお話しましたが、ハイムには

タイル外壁レリーフウォール外壁2種類あり、

レリーフウォール外壁は

セキスイハイムの標準外壁となっています。

f:id:imomunene08:20210502154120j:image

そして、そのレリーフウォール外壁も

レリーフ外壁ジオマイト外壁

2種類存在しています。

 

では、その2種類について書いていこうと思います!

 

 

1〉レリーフ外壁

f:id:imomunene08:20200715160414j:image

レリーフ外壁は再塗装のスパンを2倍に延ばした

UVAコーティング塗装です。

 

紫外線は外壁の塗膜を劣化させ、

基材の防水性を低下させます。

そのため、一般の塗装外観では

10年に1度程度を目安に

外壁の塗り替えが必要になりますが、

UVAコーティング塗装一般塗装の2倍

約20年に1度程度の再塗装で外壁の防水性と美観を

保ち続けられることができると言われています。

UVAコーティング塗装

 

エナメルベース層の上に、

紫外線吸収材の入った

暑いクリア上塗層を持つ塗装のこと。

エナメルベース層まで

紫外線が届きにくくなっている!

 一般塗装

f:id:imomunene08:20201202194657j:image

顔料を混ぜて、

色を付けた塗装をエナメル層と呼びます。

 

UVAコーティング塗装

f:id:imomunene08:20201202194700j:image

クリア塗装とは、顔料を含まない塗装のことです。

 

 

柄イメージ

カタログにある

レリーフ外壁のデザインをみてみましょ!

 

アシュレーレリーフ

大きさの違う石を組み合わせて

積み上げたようなデザインになっています。

f:id:imomunene08:20201202194832j:image

①シェルクリア×⑤カームブラック

f:id:imomunene08:20200715174037j:image

万人受けの良さそうな組み合わせですね!

  

Gレリーフ

編み込まれたような繊細な凸凹で

柔らかい表現が生み出されます。

f:id:imomunene08:20201202194918j:image

④カフェブラウン

f:id:imomunene08:20200715174144j:image

個人的にはあまり好まないデザインです💦笑

 

クレイッシュレリーフ

日本の伝統的な街並みにも合う、

飽きのこないデザインに仕上がります。

f:id:imomunene08:20201202195022j:image

①シェルクリア×⑤カームブラック

f:id:imomunene08:20200715174235j:image

家の形状が違うからなのか和ティストな見た目に!

 

 

 

2〉ジオマイト外壁

f:id:imomunene08:20200717030917j:image

この外壁は2019年4月に発表され、

販売開始されました。

 

ジオマイト外壁はセキスイハイムの標準外壁の

レリーフ外壁の(デザインの)

グレードアップ版であり、

 

標準外壁であるレリーフウォール外壁と同じ

S F Cボードで作られています。

 

 

柄イメージ

レリーフ外壁の(見た目の)グレードアップ版と

言われるジオマイト外壁のデザインをみてみましょう!

 

ガイアレリーフ

f:id:imomunene08:20201202195107j:image

f:id:imomunene08:20201202195116p:image

❶ダークブロンズマイカ 

f:id:imomunene08:20200715174937j:image

①シェルクリア×④アースグレー

f:id:imomunene08:20200717030935j:image

④のアースグレーはわが家が採用した外壁です💕

  

シルフィーレリーフ

f:id:imomunene08:20200715175208j:image

❷ダークブルーマイカ

f:id:imomunene08:20200717030940j:image

⑤カフェブラウン

f:id:imomunene08:20200715195100j:image

遠目からだと、タイル外壁に見えなくもないですね✨

 

 

 

レリーフ外壁とジオマイト外壁の違いとは?

f:id:imomunene08:20200715195403j:image

ジオマイト外壁とレリーフウォール外壁の違いは、

金額を除くとほぼ『見た目』だけです。

 

タイル外壁は高いし、見た目がちょっと…

だけどレリーフ外壁では物足りない…。

という人達を狙った商品と言われています。

 

人によっては、タイル外壁よりも

見た目が好みだと思う方はいるようです。

 

わが家もその一人です

ハイムの外壁デザインの中ではダントツに好きです💕

ジオマイト外壁は重厚感を出すために

表面の凹凸の分だけレリーフウォール外壁より

厚く作られており、実際は8mm違うそうです。

 

ジオマイトのくり抜き写真は

こちらの記事に載せています↓

合わせて読みたい記事

 

  

先ほどにも書いてますが、ジオマイト外壁と

レリーフ外壁は両者ともSFCボードで出来ているので

性能に関しては差がないんだそうです。

 

わが家の現場監督さん曰く、

機能に差はございません。厚みは違いますが、数年でその違いが出るかと聞かれると正直わかりません。数十年で違いを感じるかもしれません、、!

と仰っていたので、

目に見える差はないんだと思います。

ただ、個人的には8mmは

多少なり違うものだと考えています!

 

初期コストをかけて将来のコストを減らす

効果のあるタイル外壁と異なり、

お金をかけて得られるのは

見た目の違い8mmの厚さ

 ということになります。

 

ちなみに、わが家ではジオマイト外壁とレリーフ外壁の

金額差は約50万〜60万程違うとの事。

 

 

また、ジオマイト外壁には光の当たり方や天候により

印象が変化するプレミアムカラーが存在し、

スタンダードのジオマイト外壁より

20万程高額になります。 

タイル外壁にするなら更に100万程必要とのこと💧

金額は出していないため、

担当者が確認したおおよその金額です。

⚠️家の大きさ、形(外壁の量)によって金額は異なる。

 

 

 

ジオマイト外壁のメリット・デメリット

それぞれの違いを理解した所で、

続いてはメリット・デメリットについて

挙げられる点をそれぞれご紹介していきます。

 

 

メリット

タイルに比べると安価

 

レリーフウォール外壁より

 重厚感高級感が向上する。

 

プレミアムカラーが存在し色が選べる

 

レリーフウォールに比べ8mm厚く作られている為、

 気持ち的に遮音性遮熱性を感じる。

8mmに関しては気持ちの問題です!ハイム側はほぼ関係ないとのことでした。笑

 

 

デメリット

レリーフウォールと素材は変わらない為、

 メンテナンスは通常と変わらず必要

 

重厚感・高級感は向上するが、金額が高額になる。

 変わるのは見た目だけで正直『贅沢品

 

・発売したばかりである為、色の種類が多くない。

 

 

 

まとめ

タイルより見た目が好みという人達に向けて

近年、開発されたセキスイハイム

新外壁のジオマイト外壁は、

セキスイハイム標準外壁のレリーフ外壁と同じ

SFCボードを使っているので、

性能的には差がありません

大きな差は"金額""8mmの厚み"

ということになります。

 

 

 

補足|SFCボードとは

f:id:imomunene08:20200714052638j:image

3m離れた隣家の火災では、

約840℃の炎に外壁や軒天が延焼します。

 

ハイムの外壁材SFCボードは、

約840℃の高温にさらされても裏面は、

木材の発火点(260℃)を大幅に下回る

約80℃以下になる性能。

 

本当に火災が起きた際には、安全に避難でき、

家財への影響もくい止められる可能性が高まります

 

このSFCボードですが、

一般的なサイディング外壁が5~10年に

1回の再塗装を必要とするのに対し、

 

約20年に1回の再塗装で済むと

セキスイハイムは謳ってます。

 

なかには、、

私は30年に1回だと考えています✨✨

と言うような人もいらっしゃるみたいです。

信ぴょう性の有無は分かりません……!笑

 

根拠のない情報は鵜呑みにしないでね。

 

 

挨拶

最後までご覧頂きありがとうございます⋆⸜ᵀᴴᴬᴺᴷ ᵞᴼᵁ⸝⋆

この記事の内容が少しでも為になったよー!

って方は★押してくれると励みになりますෆ͙⃛

 

こんな記事書いて欲しいー!

というのがあればコメントに書いて下さい!

 

 

🌈Instagram

f:id:imomunene08:20201202211812j:image

 

🕊Twitter

f:id:imomunene08:20201202214118j:image

 

 

 

 

フォローお待ちしてます!

f:id:imomunene08:20201202214135j:image

 

 

ブログ村に参加中です♔.゚

ボタンを押してくれると嬉しいですʕ•̫͡•ʔ