マイホーム計画
マイホーム計画
IHクッキングヒーター
掃除
間取りプラン
購入品

今すぐ試してみて! 頑固な茶渋の原因と取り方(汚れ落ち徹底比較)

読者登録お願いします↓↓↓

f:id:imomunene08:20210326235609p:image

 

こんにちは いもむしねねですʕ•̫͡•ʔ

 

マグカップに染み付いた汚れ・・・茶渋。

気になってはいてもまた今度

と先延ばしにしてしまいがちですよね。

 

気がつくと台所用洗剤ではもう取れない!

なんて経験ありませんか?

 

今、まさにその状況に陥っています。

 

そもそも茶渋とは一体何なのか、

そして悩ましい茶渋の汚れの取り方と予防法、

両方ご紹介しようと思います。

 

この記事はこんな方向け

✔️コーヒーや紅茶をよく飲まれる方

✔️茶渋を落としたいとお悩みの方

 

 

 

 

そもそも茶渋とは?

f:id:imomunene08:20210327000044p:image

簡単に説明すると、コーヒーや紅茶が入った

マグカップの内側に沈着していく染みのことです。

 

この茶渋はステインと呼ばれる着色汚れであり、

お茶だけではなく、赤ワインをよく飲まれる方や

喫煙者の歯に目立つ黄ばみなども、

このステインなんです。

 

 

 

なぜ、スティンはつくのか?

カテキンポリフェノール

という言葉を聞いた事ありませんか?

それらが原因となっています。

 

お茶などに含まれるカテキンなどのポリフェノールが、

水の中の鉄イオンなどの金属イオン

茶葉に含まれるタンパク質と結びついて、

水に溶けない状態になって沈殿し、

黄色い色素を作り、

それが溜まり続けカップやお皿に

こびり付くという事なんだそうです。

 

 

ポリフェノールの含まれる食べ物の例

f:id:imomunene08:20200619183149j:image

このようにお茶だけではなく、他の食べ物の中にも

ポリフェノールが含まれています。

そのため、マグカップだけではなく

食器や歯に茶渋が付着するのです。

 

 

 

茶渋のとり方

f:id:imomunene08:20200625015015j:image

せっかくお気に入りのマグカップや食器に

茶渋が染み付いたままでは嫌ですよね。

茶渋の取り方を4つの方法でご紹介していきます。

 

 

〈1〉漂白剤を使う方法

f:id:imomunene08:20210403024230j:image

まず、1つ目は漂白剤を使います。

このやり方は以前から私が試していたやり方です。

 

| キッチンハイター |

素手で作業をすると傷口に入ってしみたり、

手に臭いが残ったり、

手荒れを引き起こす可能性があるので、

ゴム手袋をつけて行いましょう。

 

ー手順ー

①容器に水をいれる

:茶渋のついた部分が隠れるまで

②キッチンハイターを入れる

:水の量にあわせて適量入れる

③浸けておく

:30分放置しておく

(取れていなさそうであればもう30分)

④水ですすぐ

:漂白剤が無くなるまで洗い流す

 

残念ながらハイターは切れていたため

実験は出来ませんでした💦

 

| キッチン泡ハイター |

f:id:imomunene08:20210403024249j:image

 〜before〜

f:id:imomunene08:20200621230256j:image

 

ー手順ー

①ハイターを吹き掛ける

:茶渋がきちんと隠れるまで

f:id:imomunene08:20200621230319j:image

②浸けて置く

:30分放置する

f:id:imomunene08:20200621230403j:image

③水ですすぐ

:漂白剤が無くなるまで洗い流す

〜after〜

綺麗に取れました✨

f:id:imomunene08:20200621230432j:image

 

 

〈2〉重曹を使う方法

f:id:imomunene08:20210331224815j:image

 

| 重曹 |

〜before〜

f:id:imomunene08:20200621231549j:image

 

ー手順ー

①容器にお湯をいれる

:茶渋が隠れるところまで

f:id:imomunene08:20200621231738j:image

重曹を適量いれる

:大さじ1入れました

f:id:imomunene08:20200621231917j:image

③かき混ぜる

重曹の粉が無くなるまで混ぜる

f:id:imomunene08:20200621232048j:image

④置いておく

:1時間放置する

⑤洗い流す

重曹の粉が無くなるまで洗い流す

〜after〜

f:id:imomunene08:20200622014224j:image

あんまり取れてない〜💦

ということで。

重曹を粉のまま、サランラップで研磨してみます。

(磨きすぎると傷がはいるので気をつけて!)

f:id:imomunene08:20200622014641j:image

軽くゴシゴシを繰り返すと…

〜after〜

さっきとは大違い!

f:id:imomunene08:20200622015536j:image

 

 

〈3〉塩を使う方法

f:id:imomunene08:20200624151535j:image

 

〜before〜

f:id:imomunene08:20200624151556j:image

ー手順ー

①水気を拭き取る

:容器の水気を全て拭き取ります

(濡れていると研磨の役割を果たせません)

②ラップで擦る

:丸めたラップで優しく擦る

(強く擦ると傷が入り茶渋がその中に入りやすい)

f:id:imomunene08:20200624151821j:image

しばらく擦るとこうなります。

f:id:imomunene08:20200624151835j:image

③洗い流す

:塩が無くなるまで水で洗い流す

〜after〜

f:id:imomunene08:20200624151849j:image

 

 

〈4〉メラミンスポンジを使う方法

 

| 激落ちくん |

 

〜before〜

f:id:imomunene08:20200624152537j:image

ー手順ー

①激落ちくんを切る

:使いやすい大きさに切る

②水に濡らす

:激落ちくんを水で濡らして、軽く絞る

③擦る

:茶渋のついた場所を擦る

すると、激落ちくんに汚れが付着していきます

f:id:imomunene08:20200624153813j:image

〜after〜

f:id:imomunene08:20200624153927j:image

 

 

 

実験結果

様々なやり方を試してみて、

やりやすさや安全性などを考慮し、

個人的におすすめな順番をつけていきます。

 

 

おすすめ順位とその理由

1位 メラミンスポンジ

水に濡らし、擦るだけという簡単さから

圧倒的におすすめできる方法です。

 

楽だけではなく、手もさほど汚れないので

私はこのやり方だけ実践しています。

 

2位 塩

手が汚れてしまう可能性はあるものの、

安全面という点では塩が一番良いのでは

という結論から、塩は2位に。

 

3位 重曹(粉のまま)

ハイターよりも安全、

擦れば汚れは落ちるという結果から

重曹(粉)は3位となりました。

 

4位 キッチンハイター(泡タイプ)

安全面では少し不安は残るも、

スプレーして待つだけという楽さで、

キッチン泡ハイターは4位という結果に。

 

5位 キッチンハイター

汚れは落ちるものの、

ハイター独特の匂いが残ったり、

安全面での不安しなどを考えると、

キッチンハイターは5位です。

 

6位 重曹(浸け置き)

汚れが落ちないということで、

重曹を浸け置きするという方法は、

今回の結果では、全くおすすめ出来ません。

 

 

 

実験結果・感想

1位:メラミンスポンジ 90点

水に濡らして擦るだけ。

汚れが取りやすく、5分足らずで終わりました。

簡単なのでおすすめです!

 

2位:塩 70点

擦る行為自体は面倒なのですが、

強く擦らなくても汚れは落ちるので許容範囲です👌🏻

それに、食品なので安心して使える点が高評価!

 

3位:重曹(粉のまま) 60点

塩より安全性は劣りますが、

きちんと水洗いをすれば大丈夫そうなので◎

 

4位:キッチンハイター(泡タイプ) 50点

底に着いた茶渋ならば取れますが、

上側の側面に着いた茶渋を取るのには向きません。

洗いながしてもハイタ臭が

なかなか消えないため減点です。

 

5位:キッチンハイター 20点

汚れは取れますが、扱う際は

手袋をしないといけないのが難点です。

かつ、何度か水洗いをしても

臭いがなかなかとれないため、

あまりおすすめは出来ません。

 

6位:重曹 10点

重曹は重宝していたのですが、

やり方が悪かったのか取れませんでした…。

重曹でするのにはお湯が必須なため、

電気ポットのないお宅では準備が面倒です。

 

 

 

茶渋を防ぐ方法は?

茶渋を付きにくくするために、

2つの点を気をつけておきましょう。

 

 

使い終わったらすぐ洗う

使ってすぐに洗うという習慣をつけましょう。


すぐに洗えない場合でもなるべくそのまま放置せず、

水につけておくようにするだけで、茶渋が

カップにこびりつくのを防ぐことができます。

 

時間があればすぐに洗う、なければ水につけておく。
これだけでも十分効果的に

茶渋を予防することができますので、

まずはこれから実践してみましょう。

 

 

陶器から磁器へ

陶器の表面は肉眼では見えない凹凸がたくさんあり、

そこにステインが入り混み、

スポンジでは落ちにくい汚れを招いてしまいます。

 

磁器は陶器に比べて素材の凹凸が少なく

ツルツルしているので、色素沈着しにくくて

手入れが楽というメリットがあります。

 

値段は高くつきますが、日頃から

茶渋に悩まされている方はこれを機に

磁器を視野に入れてみるのはいかがですか?

 

 

 

まとめ 

至福のひと時、ティータイム。

その裏側には茶渋汚れ

というリアルな問題が潜んでいます。

 

カビの一種とも言われている頑固な茶渋汚れは、

度合いによっても手入れ方法はさまざまです。

 

飲み終わったらすぐ洗う、

陶器から磁器に変えてみるなど、

有意義な時間を頼んでほしいです。

 

 

 

挨拶

最後までご覧頂きありがとうございます⋆⸜ᵀᴴᴬᴺᴷ ᵞᴼᵁ⸝⋆

この記事の内容が少しでも為になったよー!

って方は★押してくれると励みになりますෆ͙⃛

 


こんな記事書いて欲しいー!

というのがあればコメントに書いて下さい!

 

 

🌈Instagram

f:id:imomunene08:20210331225317j:image

 

🕊Twitter

f:id:imomunene08:20210331225427j:image

 

フォローお待ちしてます!

 

 

f:id:imomunene08:20210331225456j:image

 

ブログ村に参加中です♔.゚

ボタンを押してくれると嬉しいですʕ•̫͡•ʔ

 


主婦ランキング


専業主婦ランキング