マイホーム計画
マイホーム計画
IHクッキングヒーター
掃除
間取りプラン
購入品

太陽光発電で光熱費0円は実現できるのか?年間の売電額と光熱費の差額を公開!

読者登録お願いします↓↓↓

f:id:imomunene08:20210610173014p:image

 

こんにちは いもむしねねです𖤣𖥧𖥣。

 

 

前回の記事(2021/06/02投稿)で

セキスイハイムで、太陽光発電システムを導入すると

年間の光熱費が約6万円安くなる

というシュミレーションを公開しましたが、

あくまでシュミレーション…なので今回は、

シュミレーション通り、年間の光熱費が安くなるのかを

発表したいと思います。

 

この記事はこんな方向け

✔️セキスイハイムでの新築をお考えの方

✔️太陽光発電の導入を検討中の方

✔️光熱費を下げたいとお考えの方

  

 

 

 

 

わが家のスペックと生活標準

f:id:imomunene08:20210610173137j:image

年間の売電額をご覧頂く前に、

まずわが家のスペックから述べていきます。

【スペック】

  • 太陽光システム¦9.72kw

(ハイムSPSで載せられる最大量)

(旧宅はガス併用)

 

【生活標準】

  • 4人家族

(旦那/私/娘/旦那の母)

  • 日中は常に家に誰かがいる

(基本的に日中は誰かしらいる)

  • 快適エアリーは基本つけっぱなし

(不用事|電源は消さずお出かけモードにしている)

 

まとめると、わが家はオール電化住宅で、

太陽光発電をめいっぱい載せていて、

昼間は誰かしら家に居り、快適エアリーの電源は

つけっぱなしにしている。という事になります。

 

 

 

太陽光発電で光熱費0円は難しい?

結論として、太陽光発電で光熱費を

0円にすることは可能です。

 

ですが、太陽光発電は気象条件によって発電量が

大きく左右されるため、現実的に考えると光熱費を

0円にするということはほぼ不可能と言われています。

 

 

光熱費0円が難しいとされる理由

  • 発電量が季節や天候によって左右される
  • 売電価格が低下している

 

①発電量が季節や天候によって左右される

f:id:imomunene08:20210610173604j:image

まず、一番の大きな理由として、太陽光発電太陽は

天候や気候に左右されます。

 

これは想像がしやすいと思いますが、

太陽光発電は太陽の光が出ていない夜間に

発電することはできないため、夜間の電気は

電力会社から賄うということなります。

 

また、悪天候にも弱いというデメリットがあり、

晴れている場合の発電量を100%とすると、

曇りでは20%、雨の日では10%以下にまで

発電量が低下します。

なお、積雪の多い地域では太陽光パネル

雪が積もることで発電量が0%になってしまうことも。

 

太陽光発電は常に一定の発電量を確保することが

出来ない。そのため、電気代0円は難しいとされます。

 

②売電価格が低下している

f:id:imomunene08:20210610173739j:image

太陽光発電を導入するのにあたり、

わが家が懸念していた問題として、売電価格の低下が

一番のネックとなりました。

【2016年〜2021年 売電価格】

 

 売電額 

 前年と比べた減額金額 

 2012年度 

42

±0

2013年度

38

-4

2014年度

37

-1

2015年度

35

-2

2016年度

33

-2

2017年度

30

-3

2018年度

28

-2

2019年度

26

-2

2020年度

21

-5

2021年度

19

-3

2022年度

17

-2

過去を振り返ると、売電価格は毎年2〜3円

減額されている事が分かります。

ちなみに、わが家は2019年に契約をしたため、

売電額は26 円です。

 

太陽光発電で発電した電気は、FIT制度(固定価格

買取制度)と呼ばれる制度によって

売電することができるのです

簡単に説明すると、決められた年数の間は固定の

価格で発電した電力を買い取ってくれる

という制度になります。

 

このFIT制度が始まった2012年度の売電価格は、

1kWhあたり42円(10kW未満)でしたが、

2021年度には1kWあたり19円にまで

価格が下がっています。

そして、更にこの売電価格は今後は下がっていく

という事が予想されています。

 

 また、FIT制度の適応期間は10年間

(10kWh未満)となり、

期間終了後の価格は保証されていません。

これは、11年目以降は19円よりも大幅に

安い価格で買い取りが行われるもしくは、

0円となる可能性が高い言えます。

 

そのため、将来的に売電収入だけでは、 電気代を

0円にすることは難しくなると言われています。

 

 

 

光熱費を限りなく0円に近づける方法は?

太陽光発電で光熱費を0円にすることは可能です。

ただし、抑えておくべきポイントはあります。

わが家が実践している方法を交えながら、

説明していきます。

 

 

抑えておくべきポイント

  • 蓄電池を導入する
  • 夜間の電気代が安くなるプランに切り替える
  • 初期費用をできる限り抑える

 

 

 

①蓄電池を導入する 

f:id:imomunene08:20210610174204j:image

夜間や悪天候時には、太陽光発電は稼働しないため

不足分の電気を電力会社から賄うため、

光熱費を0円にすることは難しいです。

 

そこで、蓄電池を設置すれば、太陽光発電

稼働しない夜間でも、昼間に発電した電力を

活用することが出来るようになります。

 

さらに、この蓄電池は災害時の非常用電力

としても活用することができます。 

災害時、停電となってしまった場合でも

蓄電池に蓄えた電力を使用することができ、

万が一の時も、困りません。

 

ただし、蓄電池の設置には

それなりの費用がかかります。

見積もりをしてもらえるサイトもあるので、

チェックしてみて下さいね!

 蓄電池見積もり

 

②夜間の電気代が安くなるプランに切り替える

f:id:imomunene08:20210610174555j:image

夜間の電気代が安くなるプランに乗り換えることで、

光熱費を大幅に抑えられます。

 

わが家の契約している九州電力では、

オール電化向けの料金プランとして、

夜間の電気代が約半額になるプランもあります。

 

なお、2016年から「電力自由化」が行われ、

様々な特典を持った電力会社が増えました。

この電力自由化によって新しくできたものを、

「新電力」と呼ばれ、新電力の中には

夜間の電気代だけが安くなるプランを

提供している企業もあります。

詳細は新電力のホームページにて詳細をどうぞ

 

③初期費用をなるべく安く抑える

f:id:imomunene08:20210610174833j:image

太陽光で光熱費は抑えられても、初期費用が高く、

なかなか導入に踏み切れないという方も多くいます。

 

年々太陽光発電の導入費用は下落していますが、

現在でも100万円以上の予算が必要となります。

なお、セキスイハイムでの値段は

太陽光発電5.22kw|160万円の見積もりでした。

 

この初期費用抑えることが出来れば、

光熱費を限りなく0円に近づけることができる上に、

利益を大きくすることも可能になります。

 

太陽光発電はおおよそ8〜10年程度でこの初期費用を

回収することができると言われています。

初期費用を抑えることができれば回収期間を短くなり、

その分利益となる期間も増えるので、お得になります。

 

太陽光発電の初期費用を抑えるポイント〉

  • 補助金制度を活用する
  • 複数の企業での見積もり
  • 値引き交渉をする(わが家の場合)

 

補助金制度の活用はよく知られている方法ですが、

複数の見積もりは行っていない方が多いようです。

複数の業者に一括見積もりを取ることで、

より価格の安い業者さんを見つける事ができ、

初期費用を抑えることが出来ます。

 

太陽光発電の無料一括見積もりはこちらをどうぞ↓

太陽光発電の見積もり

 

 

わが家の年間光熱費は0円になったのか?

 

  売電額  

  電気代  

  差額  

 2020/4月 

28,600

6,284

22,316

5

32,708

6,061

26,647

6

25,116

6,260

18,856

7

19,760

8,448

11,312

8

29,068

8,544

20,524

9

23,140

8,525

14,615

10

22,006

6,741

15,265

11

18,122

7,017

11,105

12

14,612

9,514

5,098

2021/1

16,614

15,997

617

2

22,334

9,265

13,069

3

19,872

8,468

11,404

合計

271,952

101,124

170,828

 

    水道代    

   4,5月   

5,416

6,7

6,392

8,9

7,048

10,11

7,702

12,1

7,702

2,3

7,314

年間水道費

41,574

電気代だけで、年間17万円プラスとなり、

その金額から年間水道代の金額を引くと、

129,254円となります。

 

よって、わが家の年間光熱費は

0円を実現出来ました。

 

 

 

まとめ

賃貸時代から日頃の光熱費を抑えたいと

常々考えていた私達。

セキスイハイムを選んだ要素として、

ラーニングコストを抑えられるのではという

思いもあって、期待していたので

その期待通りに年間の光熱費が抑えられて

とてもホッとしています。

 

結論として、太陽光発電システムを導入し、

電気代の安いプランに切り替え、

節約に気を配るなどの工夫を凝らした結果

わが家の年間光熱費は12万円もプラス

となり、0円よりもお得にすることが出来ました。

 

 

 

挨拶

最後までご覧頂きありがとうございます⋆⸜ᵀᴴᴬᴺᴷ ᵞᴼᵁ⸝⋆

この記事の内容が少しでも為になったよー!

って方は★押してくれると励みになりますෆ͙⃛

 


こんな記事書いて欲しいー!

というのがあればコメントに書いて下さい!

 

 

 

🌈Instagram

f:id:imomunene08:20210414172120j:plain

 

🕊Twitter

f:id:imomunene08:20210414172138j:plain


フォローお待ちしてます!

 

 

 

ブログ村に参加中です♔.゚

ボタンを押してくれると嬉しいですʕ•̫͡•ʔ

f:id:imomunene08:20210414172200j:plain