マイホーム計画
マイホーム計画
IHクッキングヒーター
掃除
間取りプラン
購入品

業界初!温めるかき氷品の〔電動わた雪かき氷器〕を使ってみた感想|レビュー

日本最大級のブランド家具・インテリア通販・【FLYMEe/フライミー】

読者登録お願いします↓↓↓

f:id:imomunene08:20210612163300p:image

 

こんにちは いもむしねねです𖤣𖥧𖥣。

 

 

去年の夏にかき氷器を購入しようと思っていたのに

売れ切れが続出し、買えなかったので

今年は、夏が暑くなる前に気になっていた

かき氷器を購入しました。

 

業界初のヒーター機能が搭載されており、

温めながら削ることで、お店さながらの

ふわふわのかき氷が実現できるのだそう。

 

果たして、本当にふわふわなのかを検証してみました。

購入をご検討されている方に是非最後まで

お読み頂きたいです。

 

この記事はこんな方向け

✔️かき氷器の購入をご検討の方

✔️「電動わた雪かき氷器」をご検討中の方

 

 

 

 

 

わた雪かき氷器について

f:id:imomunene08:20210613141827j:image

ドウシシャ 電動わた雪かき氷器は、

氷の表面を温めながら削るヒーター機能が

搭載された業界初のかき氷器です。

 

ヒーター機能|

f:id:imomunene08:20210607175534j:image

従来のかき氷機とは異なり、まるでプロのお店のような

わた雪のようにふんわりとした氷が削れる

と評判になっています。

表面を温めながら削るヒーターが

その役割を担っているようです。

 

高さ調節|

刃の高さを調整することで、

氷の薄さを調整することも可能なので、

お好みのオリジナルのかき氷を楽しめます!

 

スリムな形状|

f:id:imomunene08:20210607175615j:image

細長な形状となっており、高さを取りますが、

横幅はコンパクトに済みます。

なお、本体は分解することができるので、

収納する際は困りません。

f:id:imomunene08:20210607180012p:image

さらにスリムな本体でありながらも、

器をセットするスペース部分が大きめに

確保されているというのもポイントです!

 

付属品|

・かき氷レシピが搭載された冊子

・製氷カップ 2個

*なお、電動わた雪かき氷器はこの製氷カップ

作った氷しか使用できないので注意しましょう。

カップが足りないという人は、

ドウシシャの公式サイトで購入できます。

  

 

 

使い方

①使い方として、専用製氷カップで作った氷を

氷ケースにセット。

②スパイクダイヤル回し、氷を抑えるスパイクベースを

氷の高さまで下ろす。

③調節ネジの〈細かく〉まで回してから

スイッチを入れる。

 

Instagramに動画を載せています↓

 

 

 

使ってみた感想

使ってみた感想として良かった点と、微妙だった点

総合評価を書いていきます。

 

 

良かった点

まず、感じた良かった点として、

  • ふわふわしている
  • キーンとしない

2の点があります。

 

ふわふわしている

f:id:imomunene08:20210613165731j:image

商品名の通りのわた雪かどうかは分かりませんが、

家庭用のかき氷器で作るかき氷よりふわふわした

かき氷が作れたと思います。

 

ポイントとして、氷を削る前に氷を常温で10分程

置いてから削るとふわふわしたかき氷に仕上がります!

暑い日ですと、7〜8分程がおすすめです。

 

キーンしない

かき氷を食べると冷えすぎてキーンと頭が痛くなる

現象がありますが、温めながら削るからなのか、

食べてもキーンとなりませんでした。

 

購入してから2日に一回の頻度でかき氷を

楽しんでいますが、キーンとならないので

飽きずに美味しく食べられます。

 

 

悪い点

悪い点として、

  • 金額が高額
  • 初心者には難しい
  • スパイクダイヤルが重い
  • 受け皿のコントロールが必要

4つの点が挙げられます。

 

金額が高額

上の商品仕様にも記載していますが、

このかき氷器のお値段は9千円〜1万円程します。

かき氷器に1万円はー・・・

となっちゃうのはごく自然な事だと思います。

なにより、私達夫婦も店舗で見かけた時に

かき氷器にしては高すぎ!!

という第一印象を持ちました。

 

購入予定は無かったのですが、

どうせ買うなら良いものが良いし、美味しく食べられるなら…

旦那のお許しがでたので購入する事になったのです。

 

初心者には難しい

色んなサイトや口コミにも書かれていますが、

初心者には難しいです……💦

購入して一週間毎日のように使い続けた現在もなお

ふわふわのかき氷を作るのに苦労しています。

 

¦難しい点¦

①説明書を細かに見ないと作れない

→削る前に刃の高さ調節ネジに〈細かく〉

に回しておかないといけない

②刃の高さ調節ネジの調節が難しい

〈細かく〉にし過ぎる氷が削れなくなるが、

〈荒く〉にすると、シャリシャリした食感となり、

従来のかき氷器と変わりはなくなる。

 

スパイクダイヤルが重い

f:id:imomunene08:20210613035222j:image

氷のストッパーのスパイクダイヤルがかなり重く、

操作しづらいというのが難点です。

力一杯に回し過ぎると本体が動いてしまうため、

力加減が難しい。

 

受け皿のコントロールが必要

f:id:imomunene08:20210613141915j:image

削った氷は広範囲に広がりやすく、

綺麗な形にするのが少し難しい。

 

また、小さなお皿でしようとすると、

お皿に入らず、落ちてしまう可能性は高く

大きめの器がおすすめです。

 

 

作るポイント

  • 氷は純水で作る
  • 氷はゆっくり凍らす
  • 冷凍庫から出してすぐ削らない

 

氷は純水で作る

水道水は空気やミネラル、カルキなどの不純物が

入っており、一緒に凍ると白く濁ってしまいます。

水道水で作る場合は、一度沸騰させたものを

使うと良いです。

わが家もこの方法です!

 

氷はゆっくり凍らす

先程も言いましたが、白く濁ってしまう氷は

不純物が含まれており、溶けるのが早いです。

溶けにくい氷を作るためは、低すぎない温度で

ゆっくり凍らせるという方法になります。

 

家庭の冷蔵庫だとマイナス20〜18℃と低すぎます。

タオルなどを包めて冷やせば、透明な氷に

近づけることができます。

 

冷凍庫から出してすぐ削らない

この方法は知っている方も多くいるかもしれませんが、

冷凍庫から出したばかりの硬い氷を削ってしまうと

ふわふわとしたかき氷はつくれない上に、

刃を摩擦で傷つけてしまう恐れがあります。

 

10分程を目安に常温で置いておくことが

ふわふわな食感に近づける方法です。

 

 

 

良かった点と悪い点を踏まえてのレビュー

電動わた雪かき氷器の良かった、悪い点を

それぞれ挙げていきましたが、踏まえての感想として、

【電動わた雪かき氷器】は☆3.5とします。

 

評価としては、まあまあかなという印象です。

今で私が家で食べてきたかき氷器の中では

一番美味しくは作れましたが、

お店程の美味しさ✨

という訳ではありませんでした。

 

高い値段と相応と思えることは出来ず、

手先の良い人であればもっと上手に作れるかも

という事を踏まえると、皆さんにおすすめです!

と簡単におすすめできる商品ではないと思います。

 

こんな人におすすめ✔️

  • 手際の良い方
  • 少しでも美味しいかき氷を食べたい方

このような方であれば、購入をオススメしたいです。

 

ちょっと試しに買ってみようかな……

と気軽に購入できる商品でなく、

覚悟を持って購入できるのであれば

買ってみるのはありだと思います🙆🏼‍♀️

 

 

 

おすすめしたいかき氷器

わが家の購入したかき氷器は色んな方に

おすすめできる商品ではないので、

個人的におすすめしたいかき氷器を

載せていこうと思います。

 

 

冷凍フルーツが削れるかき氷器

【電動ふわふわとろ雪かき氷器】

 

わが家の購入したかき氷器と同じメーカーで

値段が5千円未満とお手頃な価格と、

市販の冷凍フルーツも削れるという機能があり、

幅広い世代に人気のかき氷器なようです。

f:id:imomunene08:20210612192532j:image

f:id:imomunene08:20210612192725j:image

【画像|ドウシシャ ホームページより引用】

今のが壊れたらこれを買いたいです🥺

 

 

バラ氷でも使用が可能なかき氷器

【フローズンスイーツメーカー】

刃物職人の街として知られる、

新潟県燕三条製の刃を使用!

鋭い刃を採用することで氷を極限まで

薄く削ることができるのだそう!

 

また、通常のキューブアイスや凍らせたフルーツでも

かき氷を作ることができ、お値段も税込3,941円

(アマゾン価格)とお手頃な価格なので、手が出やすい

 

 

手動でも本格派

【本格かき氷器】

一般の家庭用かき氷機は、ハンドルを回すたび

氷を押さえつける力と角度が変動するため、

均等な氷を削ることは難しいと言われています。


対して本格かき氷器には、氷と刃の隙間を

常に一定に保ち、氷を一定の力・同じ角度で

削ることができる「ウォームギア機能」が

搭載されています。

 

 

 

まとめ

今回購入した「電動 わた雪かき氷器」の

レビュー記事を書きました。

 

正直な感想として、一万円の価値があるのか

まだ計り知れないという思いがあります。

コツを掴むのが上手い方であれば、このかき氷器の

良さを引き出すことは出来るのでしょうが、

素人同然の不器用な私ではとても難しいです😢

 

 

 

挨拶

最後までご覧頂きありがとうございます⋆⸜ᵀᴴᴬᴺᴷ ᵞᴼᵁ⸝⋆

この記事の内容が少しでも為になったよー!

って方は★押してくれると励みになりますෆ͙⃛

 


こんな記事書いて欲しいー!

というのがあればコメントに書いて下さい!

 

🌈Instagram

f:id:imomunene08:20210613155401p:image

 

🕊Twitter

 

f:id:imomunene08:20210613015805j:plain

 


フォローお待ちしてます!

 

 

 

f:id:imomunene08:20210613015825j:plain

ブログ村に参加中です♔.゚

ボタンを押してくれると嬉しいですʕ•̫͡•ʔ

 

読者登録お願いします!