マイホーム計画
マイホーム計画
IHクッキングヒーター
掃除
間取りプラン
購入品

エコキュートには使用できない入浴剤がある?仕様機器の説明書確認必須。

読者登録お願いします↓↓↓

f:id:imomunene08:20210627180756p:image

 

こんにちは いもむしねね𖤣𖥧𖥣。

このブログに足を運んで頂き感謝します。゚

はてなブログ購読者の方、はてなスターとても励みになります!

f:id:imomunene08:20210625125915j:image

 

エコキュートに入浴剤が使用できない」そのような話を聞いたことありませんか?

私はインスタグラムでそのような投稿を見て初めて知りました。

結論として、使用できない訳ではないけど、使用出来る入浴剤が限られている場合があるという事実を確認出来ました。

そのような事実を私と同じで、知らない人が結構いるのでは?と思い、今回はエコキュートに入浴剤が使えない理由どんな入浴剤が使用出来ないのかなどについて調べてみたので、エコキュートを採用されているご家庭は是非、最後まで読んで欲しい内容となっています。

 

この記事はこんな方向け

✔️エコキュートを採用さているご家庭

✔️これからエコキュートを使用されるご家庭

 

 

 

 

 

エコキュートに使用できる入浴剤には制限がある

エコキュートに入浴剤は使用できるけど、全てのタイプが使用できる訳ではありません。

エコキュートでも入浴剤は使用できますが、タイプによっては使用できる入浴剤に制限があるようです。

ご家庭のエコキュートのタイプを知っておくことが、エコキュートで入浴剤を使用する場合に大切となってきます。

 

●種類別の制限表

  エコキュートのタイプ  

  入浴剤の制限  

フルオート

制限 あり

セミオート

制限 なし

急騰専用

制限 なし

エコキュートのタイプは大きく分けて「フルオート」/「セミオート」/「給湯専用」の3種類あります。

その中でも、入浴剤を使う際にポイントとなるのが、フルオートタイプのエコキュートです。

 

 

 

入浴剤が制限される理由

エコキュートの入浴剤の使用に制限がある理由を簡単に説明すると、「お湯が循環する」からという事が分かりました。(お問い合わせサポートセンターの回答)

なので、入浴剤が入ったお湯が循環することによってエコキュートの部品や配管が腐食したり、誤作動が起こったりするおそれがあるため、使用できない種類があるという訳なのです。

また、にごり湯タイプの入浴剤はフィルターの目詰まりなどを起こすおそれもあるため、エコキュートでの使用は制限されています。

このようなことから、お湯が循環する追いだき自動保温などの機能があるフルオートのエコキュートでは入浴剤が制限されているのです。

なお、セミオートや給湯専用のエコキュートにはこのような機能がなく、入浴剤の使用に制限がないとされていますが、メーカーによっては制限がございます。取扱説明書もしくはホームページにてご確認下さい、

 

 

追い炊きにしなければ使用できる?

入浴剤に制限がでる理由として、お湯が循環するからとご説明しましたが、

お湯が循環しないようにすれば、エコキュートでも入浴剤が使えるということ?

という理論に辿りつく場合もありますが、わが家の使用しているエコキュート(CORONA)のお問い合わせサポートにお聞きしました。

オペレーターの答えとして、

追い炊きをしなくても、自動配管洗浄などの機能が搭載されているフルオートのエコキュートで使用されると、配管などに成分が付着し、腐食してしまう恐れには変わりありません。ご使用はお控え下さい。

とのことですので、例え追い炊きにしてなくても、使用可能の入浴剤以外を使用するのは控えた方が無難です。

そしてなりよりも、故障の原因となる可能性を少しでも減らしておくことが、エコキュートの寿命を延ばすことに繋がります。

 

 

使用出来ない入浴剤と具体的な理由

各メーカーによっても異なりますが、使えない入浴剤の主な代表的製品はこちらです↓

  • 白濁色・とろみ成分
  • 発砲成分
  • 固形物
  • 硫黄、酸、アルカリ、塩分など

 

白濁色・とろみ成分

循環口のフィルターを目詰まりさせてしまう可能性が高く、ポンプ内に湯垢が付着しやすくなり、故障の原因となるため。

 

発砲成分

発泡した泡が配管内に入り込んでしまった際に、ポンプのセンサーが反応してしまう可能性があり、センサーが正常に作動しなくなる可能性があるため。

 

固形物

生薬などのお湯に解けない固形物が、フィルターの詰まりの原因となるため。

 

硫黄、酸、アルカリ、塩分など

配管やエコキュートの金属部分のサビや腐食の原因となるため。

 

 

 

メーカーと入浴剤の使用について

代表的なエコキュートメーカーについて、それぞれのメーカーが販売しているエコキュートでどのような入浴剤が利用可能なのかをご紹介していきます。

※あくまで個人調べです。ご家庭の使用しているメーカーの取扱説明書もしくは公式ホームページにてご確認下さい。

 

 

三菱

●使用できる入浴剤と使用できない入浴剤

f:id:imomunene08:20210625162656j:image

三菱ホームページより引用

※エコオートとはセミオートの事です。

 

|バブ〈温谷タイプ〉

ゆずの香り/もりの香り/ひのきの香り/ラベンダーの香り

|バブ香り詰め合わせ〈温浴タイプ〉

森のおもてなし/のんびりゆったりほのぼの湯/ヨーロピアンスパ/ナイトアロマ/ピースフルハーブ/ローズガーデン

|バブ〈クールタイプ〉

涼やかミントの香り/エンジェルライムの香り

|バブ香り詰め合わせ〈クールタイプ〉

オリエンタルスパ/ビューティフルブリーズ

|ハブメディケイティッド

柑橘の香り/森林の香り/花果実の香り

|マイクロバブ

ベルガモットジンジャーの香り/ゼウニウムグリーンの香り/ローズ&ネロリの香り

*「花王バブ」が使用できる三菱エコキュートは2010年以降のモデルとなります。

 

 

パナソニック

セミオート、給湯専用タイプは入浴剤の使用が可能。フルオートタイプは下記の通りです↓

●使用できる入浴剤

f:id:imomunene08:20210625165100j:image 

パナソニック公式ホームページより引用

●使用不可のもの

・推奨品以外の発泡系、バスバブル、石鹸(浴そう内)など
・生薬(葉、茎など固形のもの)
・ミルク成分配合やとろみ系のもの
・硫黄、酸、アルカリ、塩分を含んだもの

f:id:imomunene08:20210625165421j:image

パナソニック公式ホームページより引用】

 

 

ダイキン

オートタイプ、給湯専用タイプ は入浴剤の制限はありません。
フルオートタイプについては、下記の該当するタイプの詳細のご確認を↓

●使用できる入浴剤

f:id:imomunene08:20210625165811j:image

ダイキン公式ホームページより引用

2013年(N型)以降のフルオートタイプ
バスクリンの入浴剤バスソルトシリーズの「アーユルタイム」以外、すべて使用可能。

・株式会社バスクリン製以外の入浴剤は、入浴剤の使用注意事項をご確認の上、中性であり、下記の「ご使用できない入浴剤」に該当しない製品であればお使いいただけます。

ー 使用できない入浴剤 

 

  • 硫黄、酸成分、アルカリ、塩分を含んだもの
  • 生薬などの葉・茎などの固形物を含んだもの
  • 炭酸ガスなどの発泡系のもの
  • にごりタイプ、とろみ成分、ミルク成分のもの
  • 複数の入浴剤を混ぜたもの

*入浴剤のご使用後は、ふろ配管内の水を流し出すために「ふろ配管洗浄」を行なってください。

 

 

日立

●使用できる入浴剤

f:id:imomunene08:20210625171438j:image

香りなどの詳細はこちらからご確認下さい↓

日立エコキュート 使える入浴剤の例 推奨品

 

 

コロナ

●使用できる入浴剤

f:id:imomunene08:20210625173803j:image

※にごりタイプは除く。

上記以外の入浴剤で「炭酸ガスにより発泡させるもの」や「硫黄、酸、アルカリ、塩分を含んだもの」は使用不可となります。 

 

 

東芝

●使用できる入浴剤

f:id:imomunene08:20210625214805j:image

  • 生薬(葉、茎、その他固形のもの)
  • ミルク成分配合
  • 発泡系入浴剤
  • 異種の入浴剤を同時に混ぜたもの
  • 浴槽内での石鹸の使用
  • 石鹸を浴槽内で泡立てること

※硫黄、酸、アルカリ、塩分を含んだ入浴剤、洗剤は使用しないでください

 

 

長府

●使用できる入浴剤

f:id:imomunene08:20210625215141j:image

長府公式ホームページより引用

 

 

エコキュートの各メーカーが推奨する入浴剤は

が代表となります。

それぞれのメーカーが推奨していることから、安心して使えると思います。

エコキュートで入浴剤が使えるかどうかが不安な場合は、使用しているエコキュートの取扱説明書を確認して見て下さい。

なお、コロナ製は取扱説明書に入浴剤については記載はなく、ホームページにのみ書いてありました。

 

 

 

入浴剤を使用する際の注意点

入浴剤を使用したいと考えている方は、これから紹介する3つの事を心がけて使用するようにしましょう。

 

 

1.自動配管洗浄は「入」にする

f:id:imomunene08:20210627175718p:image

エコキュートの取扱説明書などに記載があるように、入浴剤を使用する際は、自動配管洗浄を「入」にしておきます。これは、エコキュートで入浴剤を使用する時の基本となります。必ず守るようにしてください。

なお、設定によっては初期設定から「入」となっている製品もあります。

そして、自動配管洗浄はエコキュートの便利な機能の一つです。特に消しておく理由がなければ、常に「入」にしておくのがおすすめの使い方です!

 

 

2.複数の入浴剤を混ぜない

f:id:imomunene08:20210627180549j:image

推奨されている入浴剤であっても、複数の入浴剤を混ぜることでエコキュートに思いもよらない影響を及ぼすおそれがあります。

単独で入浴剤を使う時と異なり、複数の入浴剤を混ぜてしまうと、エコキュートに及ぶ影響を予測できません。

そして、一部のエコキュートのメーカーでは、複数の入浴剤を同時に使うことで機器故障の原因となるという注意書きも記載されています。

 

 

3.入浴剤は推奨品以外は使わない

f:id:imomunene08:20210627180602j:image

入浴剤を使う場合は、必ず推奨されている商品を使用するようにしないで下さい。

ご自身が気に入っている入浴剤があるかも知れませんが、エコキュートの故障の原因となるので、辞めておいた方が良いです。

 

 

 

まとめ

エコキュートのフルートタイプは、使用できる入浴剤に制限はあるという記事について、書いてみました。

多くの人が知らないのでは?と思い書いてみることにしました。

全ての入浴剤が使用できない訳ではないので、まだ良かったのかなと思います。

なお、すぐに壊れてしまうという訳ではないから数回くらい大丈夫だよねなんて油断してしまうと、故障の原因になりかねません。

少しでも長くエコキュートを使いのであればきちんと取扱説明書やホームページに載っている情報を守るようにしましょう。

 

 

 

挨拶

最後までご覧頂きありがとうございます⋆⸜ᵀᴴᴬᴺᴷ ᵞᴼᵁ⸝⋆

この記事の内容が少しでも為になったよー!って方は★押してくれると励みになりますෆ͙⃛


こんな記事書いて欲しいー!というのがあればコメントに書いて下さい!

 

🌈Instagram

f:id:imomunene08:20210627180629j:image

 

🕊Twitter

f:id:imomunene08:20210627180645j:image


フォローお待ちしてます!

 

f:id:imomunene08:20210627180704j:image

ブログ村に参加中です♔.゚

ボタンを押してくれると嬉しいですʕ•̫͡•ʔ

  

読者登録お願いします↓↓↓