マイホーム計画
マイホーム計画
IHクッキングヒーター
掃除
間取りプラン
購入品

フッ素(テフロン)加工の鍋やフライパンで揚げ物は危険?鍋が傷むは本当なのか

日本最大級のブランド家具・インテリア通販・【FLYMEe/フライミー】

読者登録お願いします↓↓↓

f:id:imomunene08:20210715133321p:image

 

こんにちは いもむしねね𖤣𖥧𖥣。

このブログに足を運んで頂き感謝します。゚

はてなブログ購読者の方、はてなスターとても励みになります!

f:id:imomunene08:20210705055744j:image

 

 

フッ素(テフロン)加工された鍋やフライパンは揚げ物に使用していいの?

1人暮らしだから、調理器具を増やしたくない…でも危険なら購入しようと考えています。

このように、揚げ物をするのにテフロン加工された鍋やフライパンを使うと、テフロン加工が溶けたり剝がれたりして

人体に害を及ぼすのでは!?

とイメージされる方は多くいらっしゃいますよね。

そこで今回は、テフロン加工された鍋やフライパンで揚げ物をすると危険なのかや、体に害があるのかを調べてまとめてみました。迷われている方は参考程度にこのような話もあるんだな〜と覚えておいてほしいです。※実際に実験を行った訳でなく、知識を元に書いています。絶対という訳では無いので参考程度にお読み頂けると幸いです!

この記事はこんな方向け

✔️揚げ物専用の鍋の購入を検討中の方

✔️テフロン加工のフライパンをお使いの方

✔️テフロン加工された鍋やフライパンで揚げ物をしようとお考えの方

✔️テフロン加工の鍋やフライパンの購入を検討中の方

 

 

 

  

 

テフロン加工の鍋やフライパンとは?

f:id:imomunene08:20210715184323j:image

まず初めに、テフロン加工についてからご説明していきます。

テフロン加工というのはアメリカのデュポン社がもつフッ素樹脂の登録商標のことです。 内側にフッ素樹脂コーティングを施した鍋やフライパンのことを指します。

フッ素樹脂には非粘着性、つまりもよがくっつきにくいという性質があり、テフロン加工された鍋やフライパンは摩擦が起きにくく、食材などがこびりつきにくいというのが最大のメリットです。

 

よくフッ素樹脂加工との違いについて多くの記事にてまとめています。

結論として、テフロン加工=フッ素樹脂加工ということが言えます。ですが全く同じかと言うと、そうではなく、基本的には同じだけど厳密な違いがあるのです。その違いとは層の厚さになります。

フッ素樹脂のコーティングが2層(もしくは2層以上)のものをテフロン加工と呼びます。

他の記事にもご紹介しましたが、コーティングありのフライパンは層が多くコーティングされているものが丈夫で長持ちします。ようするに、テフロン加工>フッ素樹脂加工と、テフロン加工の方が優れていること言えます。

コーティングありのフライパンで最も耐久性が高いコーティングの種類をこちらの記事にて紹介しています↓

合わせて読みたい記事

 

 

 

 

 

テフロン加工された鍋やフライパンで揚げ物は危険なの?

なぜテフロン加工の鍋やフライパンでの揚げ物が危険という風に考える方がいるのかについてから説明します。

危険なのでは!?と思われる理由として

テフロン加工は高温に弱い

この事が挙げられると思います。

テフロン加工は高温に弱い?

 

テフロン加工の耐熱温度は-100℃〜260℃

広い温度範囲にわたって長時間の使用に耐えることが可能です。

ですが、表面温度が260℃を超えはじめると、劣化しはじめ、390℃付近から分解が始まるといわれています。

以上のことから、揚げ物をすると体に有害なのでは!?と推測されるのです。

ですが、よくよく考えてみると、揚げ物の温度は高くても200℃までです。(パナソニック製のIHの設定可能温度は200℃まで

ようするに、揚げ物の調理をしている範囲ではテフロン加工が分解したりすることはなく、有害なガスが発生することはないと言えます。

高温によりテフロンの分解が起きてしまう、という部分だけが先行してしまい「テフロン加工の鍋での揚げ物は危険!」というイメージができてしまったのかもしれません。

 

 

結論

上記の話として、結論は危険ではないと考えてしまうかもしれませんが、ちょっと待ってください

揚げ物の設定温度は200℃までですが、通常の調理での温度は明記されていません。

わが家の使用しているIH(パナソニック)のホームページには温度は記載されておらず、消費電力(目安)のみの表記でした。

f:id:imomunene08:20210709175522j:image

パナソニックホームページより引用

注目ポイント!

パナソニックのオペレーターにお聞きしたところ、とろ火から強火まで調節可能な表示された通常の調理の場合、何℃になるかは不明。

理由:揚げ物のように設定した温度で温めるという機能ではないからという回答。

このことによって、私なりの知識と検索力(Google様に頼りました)をフル活動して導き出した答えが 

危険となる場合もあるため、

フッ素(テフロン)加工の鍋やフライパンでの揚げ物はおすすめできない

ということです。

曖昧な表現にはなってしまいますが、可能性は低いにしろ、危険が及ぶかもしれない事に対して明言は出来きないためこのような答えとなりました。

 

 

 

まとめ

フッ素(テフロン)加工の鍋やフライパンで揚げ物は危険なのか?について、個人的意見としてあまりおすすめできないという答えを出しました。

数日は大丈夫だとしても、数ヶ月と長い期間そのような使い方をしていると劣化は避けられないと考えておきましょう。

揚げ物用の鍋を使用するメリットや、選び方についての記事も書いているので気になる方はこちらの記事も合わせてお読み頂けると嬉しいです↓

合わせて読みたい記事

 

 

 

 

 

 挨拶

最後までご覧頂きありがとうございます⋆⸜ᵀᴴᴬᴺᴷ ᵞᴼᵁ⸝⋆

この記事の内容が少しでも為になったよー!って方は★押してくれると励みになりますෆ͙⃛


こんな記事書いて欲しいー!というのがあればコメントに書いて下さい!

 

🌈instagram

f:id:imomunene08:20210708132621j:plain

 

🕊Twitter

f:id:imomunene08:20210708132629j:plain

フォローお待ちしてます!

 

 

ブログ村に参加中です♔.゚

ボタンを押してくれると嬉しいですʕ•̫͡•ʔ

f:id:imomunene08:20210708132625j:plain

読者登録お願いします↓↓↓