マイホーム計画
マイホーム計画
IHクッキングヒーター
掃除
間取りプラン
購入品

14万円越え!?お掃除ロボット「ルンバi7+」の特徴について

日本最大級のブランド家具・インテリア通販・【FLYMEe/フライミー】

読者登録お願いします↓↓↓

f:id:imomunene08:20210720014857p:image

 

こんにちは いもむしねね𖤣𖥧𖥣。

このブログに足を運んで頂き感謝します。゚

はてなブログ購読者の方、はてなスターとても励みになります!

f:id:imomunene08:20210719154127j:image

 

 

(2019年の)発売以来、人気を集めている掃除ロボット「ルンバi7+」。しかしながら、値段が高いというデメリットから導入を決めるまでかなり悩みました。

一年以上使い続けているわが家ですが、今回は便利過ぎるルンバi7+の特徴について解説していこうと思います。

この記事はこんな方向け

✔️ルンバの購入をご検討の方

✔️「ルンバi7+」を検討中の方

 

 

 

 

 

ルンバi7とはどんな掃除機?

f:id:imomunene08:20210525134822j:image

【写真:ホームページより引用】

2019年に発売開始された種類です。

従来のルンバにはなかった「自動でゴミ捨て間取りを記憶」という2つの機能がルンバi7+の最大の特徴になります。

同時期に発売された同じiシリーズのルンバi7。

f:id:imomunene08:20210525134832j:image

【写真:ホームページより引用】

2機種の違いは、自動でゴミ捨て機能の有無。この機能が使えるのは、ルンバ i7+のみになります。

 

 

 

ルンバi7+の特徴

ルンバ i7+の機能は自動ゴミ捨ての他にも、間取りを学習して効率よく掃除する機能や、10倍の吸引力で家中をパワフルに清掃する機能も搭載されています。

その機能の特徴について解説していきます。

 

 

1.ゴミ捨てまで自動

まず一つ目に、自動ゴミ捨て機能についてです。

ルンバ i7+のクリーンベース(自動ゴミ収集機)には、ルンバ本体のゴミを約60日分集められる型紙パックがセッティングされており、掃除が終われば、自動でルンバが集めてきたゴミをそのまま収集してくれます。

これ本当に、ありがたい機能なんですよ!!

従来のルンバだと、本体のダスト容器はその都度のゴミ捨てが推奨されていますが、自動ゴミ捨て機能があることでゴミ捨ての手間が格段に少なくなります

その都度捨ててと言われても絶対に捨てない自身はあります🙋🏼‍♀️

紙パックは丸ごと取り外し可能、そのままゴミとして捨てられるため、 衛生的かつ経済的です。

 

 

2.間取りを学習・記憶し、効率よく清掃

自動機能だけでなく、賢さも進化しているようです。

高度なナビゲーションシステム「Imprint スマートマッピング」で、家中の間取りや状況を学習して記憶できるため、賢く清掃ルートを判断し、走行することが出来るようになりました。

また、「iRobot HOME」という専用のアプリを使えばどの部屋をいつ掃除するかを指定したり、進入禁止のエリアなども設定できます。

なので、掃除する日にちをスケジュール設定したり、清掃エリア別に設定しておくことも可能です。

 

 

3.高い洗浄力 

ルンバ内部に真空状態を作り出し、吸引力がアップしたパワーリフト吸引でゴミを吸い込む「AeroForce3段階クリーニングシステム」を採用。ベーシックな600シリーズと比較して最大10倍の吸引力を実現したと言われています。

また、メインブラシには床にぴったり密着してゴミやホコリをかき出すゴム製のデュアルアクションブラシを採用しており、他のシリーズの毛のブラシと比べ、清掃能力が高いだけでなく、ホコリや髪の毛がからまりにくくお手入れも簡単になりました。

わが家はよく髪の毛が抜けるので頻繁にお手入れをしています🤣

 

 

4.ユーザーの手間を減らす便利機能

・自動充電/自動再開

f:id:imomunene08:20210719222613j:image

【写真:ホームページより引用】

稼働時間は75分と十分長めの設定に。もし掃除の途中で充電が切れたとしても、自動で充電してまた続きから掃除を再開してくれるという機能が搭載されています。

一年間使用し、少しばかりバッテリーの消耗をしており、今では50分程経つと自動で充電するようになりました。

f:id:imomunene08:20210719220727j:image

 

・進入禁止設定

f:id:imomunene08:20210719221245j:image

【写真:ホームページより引用】

付属品の「デュアルバーチャルウォールを使用すれば、進入禁止エリアを設定できます。

 「ヘイローモード」なら、半径60㎝の円形の進入禁止エリアも設定可能なようです。

進入禁止エリアはアプリからでも設定は可能ですが、ルンバが落下しそうな階段、ぶつかってほしくない家具の周辺、細かな物を置いている場所、ペットの住居場所などにデュアルバーチャルウォールを設置しておけばより安心です。1個はオプションで付属されています。

 

・水洗い可能なダストボックス

f:id:imomunene08:20210719222551j:image

【写真:ホームページより引用】

衛生的に気になる方に嬉しいのが、ダストボックスの水洗いできるという機能です。

ルンバ i7+では、ダストボックスの水洗いができて、より手軽に衛生的にお手入れが可能になっています。

 

スマホとの連携

 f:id:imomunene08:20210719223107j:image

【写真:ホームページより引用】

iRobot HOME」 アプリにも対応しているので、スマホと連携され、さらに便利に使うことができます。

アプリがあれば、外出中にルンバを操作したり、部屋別の掃除スケジュールを設定したり、掃除結果のマップを確認したりも簡単にできます。

 また、スマートスピーカーと連携することで、声をかけるだけでルンバに掃除をしてもらうなんてこと可能になりました!

 Amazon Alexaとの連携はこちら

Googleアシストとの連携はこちら

 

 

 

ルンバi7+の仕様・性能一覧表

f:id:imomunene08:20210525122104j:image
f:id:imomunene08:20210525121557j:image
f:id:imomunene08:20210525121430j:image

 

 

 

ルンバi7+はこんな人におすすめ

以下の条件に当てはまる場合はルンバシリーズの中でルンバ i7+がおすすめです。

  • 部屋数が多い、部屋が広い
  • 小さなお子様やペットがいらっしゃるご家庭
  • カーペットやマットなどの割合が多い
  • 共働きで、掃除の時間が取れないご家庭
  • 頻繁に掃除を行いたい
  • メンテナンスはできるだけ楽にしたい方

 

新居に住み始め、部屋数が増えただけではなく、一つ一つの部屋自体も大きくなりました。なお、現在妊娠中である私には自動でお掃除してくれるルンバは手放せないものとなってきました。

今まで掃除機かけに費やしていた時間や疲労を自由時間に変えることで、ストレスなく過ごせています。時間、場所を問わずに手軽にかけられので、 お部屋を綺麗に保つことができます。小さなお子様のいるご家庭やこれから産まれてくるというご家庭に大変おすすめです。

ルンバ歴1年のわが家ですが、個人的に感じたルンバのメリットとデメリットをこちらの記事にてまとめてみました。購入をご検討されいる方は是非、参考程度にお読みいただけると嬉しいです↓

合わせて読みたい記事

後日公開!

 

 

 

まとめ

ルンバi7+の特徴についてまとめてみました。使い始めるまでは贅沢品と考えていたお掃除ロボットルンバですが、使い始めて一年間経過した今では必需品となりました。

ただ、値段が高いという点がネックとなり、購入を決めかねているようでしたら、一度レンタルサービスなどを利用し、ルンバの使い勝手などを体験してはいかがでしょうか?

レンタルはこちら↓

 

  

 

挨拶

最後までご覧頂きありがとうございます⋆⸜ᵀᴴᴬᴺᴷ ᵞᴼᵁ⸝⋆

この記事の内容が少しでも為になったよー!って方は★押してくれると励みになりますෆ͙⃛


こんな記事書いて欲しいー!というのがあればコメントに書いて下さい!

 

🌈Instagram

f:id:imomunene08:20210718172733j:plain

 

🕊Twitter

f:id:imomunene08:20210718172759j:plain

フォローお待ちしてます!

 

 

 

f:id:imomunene08:20210718172817j:plain

ブログ村に参加中です♔.゚

ボタンを押してくれると嬉しいですʕ•̫͡•ʔ

 

読者登録お願いします↓↓↓