マイホーム計画
マイホーム計画
IHクッキングヒーター
掃除
間取りプラン
購入品

保証期間が切れる前に「ルンバ」と「ブラーバ」を修理に出した結果

読者登録お願いします↓↓↓

f:id:imomunene08:20210725182031p:image

 

こんにちは いもむしねねです𖤣𖥧𖥣。

このブログに足を運んで頂き感謝します。゚

はてなブログ購読者の方、はてなスターとても励みになります!

f:id:imomunene08:20210725013023j:image

 

 

昨年の5月に購入してから一年間の保証期間(メーカー保証)が過ぎようとしていたので、4月頃にルンバとブラーバを修理に出しました。

元々は、そんなに気になる点ではなかったものの、無償で受け付けてくれるし、なによりも期間が過ぎてしまってからでは後悔するかもと思い、出すことに決めました。

今回の記事では、補修に出した際に行った事、不安がある部分に対してのメーカーの対応や補修の出し方についてまとめてみました。

これから補修に出される方、出そうとお考えの方の参考になれば幸いです。

この記事はこんな方向け

✔ルンバ・ブラーバを購入してから一年未満の方

✔ルンバ・ブラーバの補修を検討されている方

✔ルンバ・ブラーバの補修内容を知りたい方

 

 

 

 

 

iRobot製品が故障してしまったら?

ルンバやブラーバやどのiRobot製品が故障した際は、発売元であるアイロボット社のアイロボットオーナーズサポートに依頼をします。

アイロボットオーナーズサポートは、日本で唯一のアイロボット認定サポート機関となっているため、覚えておきましょう。

アイロボットオーナーズサポートを利用するためにはユーザー登録を行う必要があります。(無料)

なお、ユーザー登録を行う際には購入されている商品の製品番号が必要となります。

ルンバの製品番号

 

ダスト容器を外した奥に貼付してあるバーコード状のシールに記載※シリーズによって記載場所が異なります。

〈ルンバsシリーズ〉

f:id:imomunene08:20210725020543j:image

〈ルンバ i 、e 、900 、800 、700 、600 、500 シリーズ〉

(本体右側に製品番号がないもの)

例¦KYN537001111111112345等のアルファベットから始まる21桁

f:id:imomunene08:20210725020928j:image

ブラーバの製品番号

 

本体裏面に記載

f:id:imomunene08:20210726133910j:image

引用元

 

 

サポートで利用できるサービス

アイロボットオーナーズサポートで受けられるサービスとして、

  • 1年間の保証期間内の無料修理
  • 修理返却後の90日間無償再修理サービス
  • 日本国内に完備されたサポートセンターの利用
  • 純正保守パーツの販売アイロボットケア

 これら4つのサービスが利用可能となっています。

 

1年間の保証期間内の無料修理

ルンバやブラーバには1年間のメーカー保証が付いており、1年以内の故障や補修については無償で修理してもらうことができます。

【公式で修理をする際の注意点】

日本仕様正規品を購入している方のみの対象となり、保証書が必要となります。

 

修理返却後の90日間無償再修理サービス

修理に出し、返却された日にちから90日以内であれば、無償で再修理に出すことができます。

実際今回修理に出し、ルンバを起動している間は騒音がするという理由で再修理に出しました。なお、無償でした。

1日でも過ぎてしまうと有償となるので、返却された日にちをメモし、不具合が起きていないかのチェックを必ずしておきましょう。

 

日本国内に完備されたサポートセンターの利用

正規品を購入された方のみが対象となりますが、日本に完備されたサポートセンターでの電話サポートを受けることができます。

少し調子が悪いけど修理が必要かどうか悩む…

故障とまではいかないけど気になるな……

このような場合は、サポートセンターにて相談をすれば、 原因究明に迅速してくれます。 ぜひ活用してみることをおすすめします。

アイロボットサービスセンター9:30〜17:30(年末年始、ゴールドウィークを除く)

 

純正保守パーツの販売アイロボットケア

iRobot製品には様々なパーツが使われており、長期間使用することでパーツが劣化し、購入当時のような性能を発揮できなくなることがあります。

アイロボットオーナーズサポートでは純正の保守パーツを販売しています。

通販サイトの方が安いから…

と純正ではない部品を使ってしまうと、故障の原因となり、かえって修理費が高額となる場合もあります。

部品の購入の際は、iRobot公式もしくは通販サイトにて"正規品"と記載されているものを選びましょう。

 

 

 

使用している製品

わが家が修理に出したのが、「ルンバi7+」と「ブラーバジェットm6」の二つです。

f:id:imomunene08:20210725033134p:image

4月にはブラーバが、5月にはルンバが1年保証の期間を終えようとしていました。

 

 

 

起きていた症状

〈ルンバ〉

  • 起動時間が短くなっている

〈ブラーバ〉

  • エラーになって止まっているのに通知がされない(通常はアラーム音とアナウンスが鳴る)
  • 力尽き、ホームベースに戻れないことが多々ある

これらが起きていた症状です。

1年保証の期限が迫っていたということも加味してくれたのかは分かりませんが、点検を行っているくれることになりました。

 

 

 

サポートセンターへ連絡

メールにてお問い合わせは可能ですが、より症状を分かりやすく伝えためにサポートセンターへ直接電話しました。

日にちや時間によって混み具合が異なりますが、5分〜8分程すると、オペレーターの方に繋がります。(※0120から始まる番号は通話無料です)

 

 

 

修理決定までの流れ

わが家が修理に出した際の一連の流れを書いていきます。

 

 

①症状の確認

症状をお伝えすると、いくつかの質問をされます。

〈例〉

症状:吸い込みが悪い

質問:定期にお手入れされているかどうか、ブラシなどに髪の毛などのゴミが溜まっていないか

症状:起動時間が短い

質問:接続部分にサビが出来ていないか

このように、お伝えする症状によって質問は異なります。

質問の意図としては、その場(電話口または様子見)で対応できる問題かどうかの確認だと思います。

対応できない症状となれば、郵送して点検してもらうという方法になります。

 

 

②回収日・時間の確認

電話して次の日に回収できるとの事だったので頼むことに。

受け取りの業者は佐川急便のみとなります。

 

 

③郵送する物の確認

ルンバ:必要なもの

本体|クリーンベース|充電コード

クリーンベースの中にあったゴミ袋は必要ないそうで、捨てました。

送る前にすること

1)本体をホームから外す

2)家のマークを12秒間押し続ける

3)ダンボールに詰める

 

ブラーバ:必要なもの

充電器|コード|下のプレート

クロス(雑巾)は必要ないということだったので、取りました。

送る前にすること

1)本体をホームから外す

2)家のマークを12秒間押し続ける

3)タンク内の水を捨て、乾かす

4)ダンボールに詰める

f:id:imomunene08:20210725150402j:image

ダンボールは独自での準備となります。ブラーバは小さくても大丈夫ですが、ルンバはかなりかさばります。修理に出すことが決まっているようなら、前もって準備しておきましょう。

 

 

④佐川急便の回収を待つ

指定した日に回収され、伝票を貰えます。

必ず必要な訳ではありませんが、修理が完了するまでは持っておくと安心です。

 

 

 

返却までの流れ

修理が決まると回収され、返却までの間はお掃除ロボットなしでの生活を過ごすことになります。

一年保証間近だったので、ルンバとブラーバ同時期に修理にだしましたが、とても苦労しました🥲

余裕を持って、一つずつ修理に出すことをおすすめします!

 

 

①点検の結果をお知らせ

修理に出してから5日程すると、iRobotから電話が掛かってきます。

点検をした結果をお知らせしてくれます。

〈ルンバ〉

結果:異常なし

検査場所で起動させたけど、充電等の不具合はみられなかった

原因:検査前のお手入れで直った可能性もある(検査前には一連のお手入れをするのだそう)

言い方は悪いけど、そのお手入れで根本的に直ったのならいいけど、しばらくしてまた同じようなことが起きたら何の意味もないのでは??

と疑問に思ってしまいました……。

決まり事なのだからお手入れに関して意見を言うのは何か違うような気がして言えませんでしたが、疑問は少し残る結果となりました。

 

〈ブラーバ〉

結果:ホームベース・本体の新品交換

・本体の接続部分(充電する部分)に錆

・タンク部分に不具合が発生していた

原因:水を扱う機械だから起こり得る不具合(錆)

 

 

②返却

修理に出してから一週間後、ルンバとブラーバがまとめて返ってきました。

f:id:imomunene08:20210725170250j:image

ルンバの交換部品はデュアルアクションブラシセットクリーンベース電源コードの2つ、ブラーバは本体丸ごとの交換となりました。

f:id:imomunene08:20210725172305p:image

箱のゴミが大量にでるので注意😂

そして本体とは別に、行った作業内容と製品の状態が記載された書類ももらいました。

f:id:imomunene08:20210725171640j:image

 

 

 

まとめ

今回は、ルンバとブラーバをメーカー保証期間内に出した時のことをまとめてみました。

購入してから1年以内は何度でも修理に出すことが出来るようです。

保証期間が切れる前に「ルンバ」と「ブラーバ」を修理に出した結果、ルンバはブラシの交換ブラーバは新品に交換することができました。

少し気になるな。。。という程度でも念の為、点検に出してみることをおすすめします!

正規品でなかったり保証書をなくしたり一年保証を1日でも過ぎてしまうと有償となります。

余裕を持っておきましょう。

 

 

 

挨拶

最後までご覧頂きありがとうございます⋆⸜ᵀᴴᴬᴺᴷ ᵞᴼᵁ⸝⋆

この記事の内容が少しでも為になったよー!って方は★押してくれると励みになりますෆ͙⃛


こんな記事書いて欲しいー!というのがあればコメントに書いて下さい!

 

🌈Instagram

f:id:imomunene08:20210708132621j:plain

 

🕊Twitter

f:id:imomunene08:20210708132629j:plain

フォローお待ちしてます!

 

 

f:id:imomunene08:20210708132625j:plain

ブログ村に参加中です♔.゚

ボタンを押してくれると嬉しいですʕ•̫͡•ʔ

 

読者登録お願いします↓↓↓