マイホーム計画
マイホーム計画
IHクッキングヒーター
掃除
間取りプラン
購入品

家づくりの注意点!営業や設計士を信用しすぎると起こりうる大惨事 |マイホーム計画

日本最大級のブランド家具・インテリア通販・【FLYMEe/フライミー】

読者登録お願いします↓↓↓

f:id:imomunene08:20210916124247p:image

 

こんにちは いもむしねね(@imomusinene)です𖤣𖥧𖥣。

このブログに足を運んで頂き感謝します。゚

はてなブログ購読者の方、はてなスターとても励みになります!

f:id:imomunene08:20210926013136j:plain

 

  

これから家づくりをされるのですが、家を建てた後だからこそのアドバイスはありますか?

と聞かれることが多くなってきたので、その第一弾として今回は営業や設計士さんを信頼しすぎて失敗してしまった事例を書いていきます。

 

この記事はあくまでわが家が体験した出来事でありすべての方が当てはまる訳ではありません。

 

これから家づくりをされたり、現在計画中です!という方には

こんなことも起きるかもしれないから気をつけておこう!

という意識を持っていると家づりが失敗しづらいですよという記事を書いてます。

この記事はこんな方向け

✔️新築を建てる予定のある方

✔️新築計画中の方 

 

 

 

 

言った言わない問題 

f:id:imomunene08:20210215221631j:image

家づくをするのにあたり、

何を気をつければいいですか?

という質問をされた時真っ先に思い浮かぶのが、言った言わない問題です。

 

家づくり中、営業さんと

そんな話してましたっけ?

この前、これにしたいって言いましたよ・・

このような会話が常にありました。

 

すぐ修正できる内容であれば問題はありませんが、今さらその修正できるか分からないなんてことになったら大変ですよね。

 

 私たちが体験した出来事の1つとして、外壁問題がありました。

 内容としては、

これにします!

と言っていた外壁と違う種類が採用されていました。

 

どうして気づいたかと言うと、プラン集に記載されている採用している設備の一覧の項目部分で「レリーフ外壁・カームブラック」と記載されているのをたまたま目にしたからでした。

外壁ってジオマイト外壁を選択したはずなんですがと担当マンにお伝えすると、

そうでしたか!?💦

焦ったように色々な書類を確認し始めました。 

 

そして確認し終わると、

レリーフ外壁を採用しています・・・

と言われ、夫婦共に絶句でした。

 

具体的に何が問題かというと、その事件に気づいたのは打ち合わせ終盤。

予算削りの手前で、増やさないようにを意識していた真っ最中でしたのでジオマイトにすると+50万円となり、痛すぎる出費に・・・ 。

 

そしてここで起きるのが言った言わない問題!!!文句を言ったところで問題が解決する訳では無いですし、何より信頼関係が崩れてきます

 

 

予防方法

そんな時のために、メモをとる必要性を感じました。

○月○日¦○○仕様→○○仕様へ変更

などと記されたメモなどがあればこちら側の発言の信憑性は上がりますし、担当の方にも書いてもらっていればなお、間違いが起こりづらいと思います。

 

 

 

間取り図の記載が勝手に変更される問題

f:id:imomunene08:20210215221714j:image

この問題は設計士さんによりますが、私達夫婦が最終的には設計士を信用が出来なくなっていった話です。

というのも、間取り図に書かれている表記がのちのち見直した時に、勝手に変わっていたという大事件が起きたのです。

 

〔 事件1 〕

脱衣場の棚があり、私が選んだ仕様は「ハンガーS」でした。

ですが、引き渡された状態では「棚S」となっており、間取り図を確認すると途中の間取り図から変更されていました。

 

この仕様は決めた時から一度も変更した覚えがなく、この仕様以外は考えられないため、他の仕様にすることは絶対にありませんでした。

 

引渡し当日に気づき、その時に工場長が

後日持ってくるので大丈夫です。

とその場で解決し、金額も請求されなかったのでそれ以上は深堀りはしませんでした。

 

〔 事件2 〕

カーテンレール表記があったりなかったりというようなことがありました。

 

1階のブラインドレール専用のレールが、引渡し前に標準レールになっていた事が発覚し、間取り図を確認すると、①ブラインドレール→②カーテンレール→③ブラインドレール→④カーテンレールという順で変更されており、最終的には普通のカーテンレールが取り付けされていました

 

ブラインドカーテンはレールと一体型となっており、普通のカーテンレールではいけません。

 

幸い、普通のカーテンレールを取り外せたので問題は解決はしましたが、

なんで勝手に変わってるんだ!?

という疑問と、不信感でいっぱいになりました。

 

〔 プチ事件3 〕

旦那の書斎の窓にカーテンレールが付いていた、という問題もありました。

 

何が問題かというと、、、窓は小窓+カスミとなっているため、カーテンを取り付ける予定はないので、カーテンレールが不要なのです……。

 

旦那の書斎なので、旦那が良しとしたため報告はせず、そのままとなりました。

個人的には全く納得行きませんでしたがね、、、

 

 

予防方法

対策方法としては、間取りプランを全て取っておき、定期的に間違いがないかを確認することが一番の対策になるのではないかと思います。

 

 

 

勝手に発注されていた問題

f:id:imomunene08:20210215222218j:image

えーこれはもうブチ切れ案件な問題ですが、タイトル通り、発注を勝手にされていた話です。

 

最終確認はしていましたが、

不安なので、発注直前にもう一度確認させて下さい

という旨を、担当と設計士さんに話しておりました。

 

ところが、連絡もなしに発注されていたことが発覚し、夫婦共に絶句をしました。

 

発注前の確認出来なかったのと、疑問点を質問していて、

発注前には答えを下さい

と何度も言っていたのに、あろう事か私達に疑問点の答えもよこさず、勝手に発注していたことに、不信感しか持てませんでした。

 

必ず疑問点の答えをした上で発注するという条件で判子を押していたので、そんな勝手なことをするなら判子を押すべきではなかったと痛感しました。

 

ちゃんと約束をしていたから大丈夫だろうと信用していたのが仇となりました。

上司の方に報告をし、謝罪はされましたが、二度と信用はしないと心に決めました。

 

 

予防方法

この問題の対策方法としては、何度も念押しをしたり、メモを取ってもらうなどの対策以外は他ないように思えます。

 

言い方は悪いようですが、設計士や担当はあくまで他人の家なのであってご自身の家のように考えてくれる方はほとんどいないと思います。

 

もし、このような問題が起きてしまったら、迷わず上司の方に報告をし、それなりの対処を取ってもらうことをおすすめします!

 

 

 

まとめ

家づくりの注意点として、担当の営業や設計士を信用しすぎてわが家で起こった大惨事をお話しましたが、いかがだったでしょうか?

 

この内容は、担当される方によるため必ずしもこんな問題が起こるわけではありませんが

可能性はあるかも・・

というふうに構えておくと、少しでもその可能性を減らすことができると思います。

 

担当や設計士さんはあくまで「家づくりを手伝ってくれる人」という意識を持っておきましょう。

自分の家は自分で造っていかなければならないという事と、ちゃんとしっかりしなければいけないということが再認識出来るのではと考えています。

 

判子を押してしまった後に、どんなに後悔しても時間を取り戻すことは出来ません。

自分の目だけを信じておくことをおすすめします。

 

この記事で主に伝えたかったことは以下の

*主に伝えたかったこと*

✔️営業や設計士を信用しすぐるのは要注意

✔️自分達の家はあくまで自分達で作っていくという意識を持っておく

✔️打ち合わせ中の仕様変更はメモる

✔️重要項目は二重にも三重にも確認する

 

 

 

挨拶

最後までご覧頂きありがとうございます⋆⸜ᵀᴴᴬᴺᴷ ᵞᴼᵁ⸝⋆

この記事の内容が少しでも為になったよー!って方は★押してくれると励みになりますෆ͙⃛


こんな記事書いて欲しいー!というのがあればコメントに書いて下さい!

 

 

🌈Instagram

f:id:imomunene08:20211001173415j:plain

 

🕊Twitter

f:id:imomunene08:20211001173430j:plain

フォローお待ちしてます!

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村に参加中です♔.゚

ボタンを押してくれると嬉しいですʕ•̫͡•ʔ

読者登録お願いします↓↓↓

 


住宅情報ランキング


一戸建てランキング


セキスイハイム(一戸建)ランキング